CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ダイエット中の牛乳は悪? | main | 今年も始まりました! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
内臓脂肪と皮下脂肪
sibou1sibou2

左側が今年5月半ば、右が昨日の皮下脂肪です。
格段の進歩でしょう(゚ー゚)。

今日の数値
 体重:66.8kg 体脂肪率:24.0% 筋肉量:48.2kg 基礎代謝量:1452kcal/日

今日のトレーニングメニュー
 サイドレイズ(左右15kgずつ) 10 13 15 12 12 10 8 8 8 6 4 回
 スクワット(ウェイト0kg-30kg) 60-20 60-30 80-20 回
 腹筋(クランチ) 70 60 60 60 回 (5000回まであと3700回)
 シャドー(有酸素運動・試験的に導入) 約60分
  (↑シャドーはこれからです。)

 トレーニングの説明についてはこちらをご覧ください

 ………………………………………………………………………………

“人間の身体には、脂肪の付きやすい部分と付きにくい部分がある。”
こんなことは、皆さんとっくの昔にお気づきだと思います。
体脂肪は、お腹周りにはアホほど付きますが、
手首や足首なんかにはほとんど付きません。
また、男性はリンゴ型、女性は洋ナシ形といわれるように、
男女間にも太り方の違いが存在するようです。
これはなぜなのでしょうか。
私が愛読している頼もしい雑誌、Tarzanや、他のダイエットサイトに掲載されている
体脂肪の付き方についての解説をかいつまむと、以下のようになります。

まず、
“脂肪は手首などには付きにくいのに、腹にはガンガン溜まっていく理由”。
これは、骨に覆われていないからという考え方が大半です。

人間の身体は、重要な体組織や特に弱い部分、
例えば頭部やアゴ、わきの下、陰部などは、体毛と骨によって保護されています。
しかしお腹周りはどうでしょう。
生命維持に不可欠な内臓が集まっている部分、
いわば頭部に次いで重要な体組織が集まっているにもかかわらず、
濃い体毛に守られているどころか、骨に覆われているわけでもありません。
このむき出し状態の内臓を保護するために、
脂肪はこの部分に蓄積されるというわけです。

また私の想像ですが、脂肪をはじめとする栄養素を吸収するための臓器、
が近くにあるということも関係しているかもしれませんね。
脂肪を溜め込む倉庫が手首なんかにあったりしたら、
腸で吸収した脂肪をいちいちそこまで運ばなければならず、大変非効率です。
身体としても、脂肪倉庫がお腹周りにあった方が便利なのでしょう。

次に、“性別による脂肪の付き方の差”について。

女性は皮下脂肪、特に腹部、臀部、太ももに付きやすい、
一方男性は内臓脂肪が付きやすい、という特徴があります。
しかしこの男女差のメカニズム、実はまだあまり知られていないのだとか。
いろいろ議論されているようですが、やはりホルモンによるものでしょう。

女性に皮下脂肪が多いという点では、
女性ホルモンの影響であるという説が有力です。
妊娠・出産を可能にする状態を作るには、
体内にある程度の脂肪を蓄積する必要がある、
そしてそのはたらきを促したり、
補助したりする役割を果たすのが女性ホルモンというわけです。

そして男性の内臓脂肪、こちらについても女性の皮下脂肪同様、
男性ホルモンが影響しているのではないか、と言われています……が、
どうもハッキリしません。
あのTarzanですら、あいまいな文章でごまかしているぐらいですので、
本当にまだ解明されていないのでしょうね。

しかしながら、男性の肥満にはリンゴ型、すなわち内臓脂肪型が多いとはいえ、
年齢を重ねるにつれて徐々に皮下脂肪も増えていきます。
ですが、その皮下脂肪の付き方にも男女間に差があるようです。

皮下脂肪は、女性の場合腹部から太もも周り、
特に下腹部のそれが目立つことが多い一方、
男性は脇腹から腰周りによく付きます。
そうなってしまう理由は、ズバリ骨格の違い

単純に男性は、ケツが小さいんですよ。
女性は、男性と同じ量の脂肪が腰周りに蓄積しても、骨盤が大きいので
脂肪がうまくその上に乗っかって、比較的バランスよく見えます。
でも男性は骨盤が小さいので、その上にうまく脂肪を乗せることができず、
あたかも脂肪の浮き輪を身に着けているような
不恰好な体型になってしまうというわけです。


さて、これらお腹周りの脂肪問題を解決する方法ですが、
腹筋運動!……ではなく、やっぱり有酸素運動による体脂肪燃焼、
あるいは食事制限による摂取エネルギー量管理が有効でしょう。

確かに、腹筋の衰えによる姿勢の悪化が、
出腹をつくる諸悪の根源の一つではあると思います。
また、腹直筋や腹斜筋を鍛えることによって、
脂肪にまみれた内臓を、ある程度押さえ込むことが可能です。

しかし、それはまったく根本的解決にはなりません。
脂肪に覆われたお腹の筋肉を、いくら鍛えて大きくしたところで
ウエストが細くならないことは明白です。

私のように、基礎代謝量アップをねらった長期戦を覚悟しているのならばともかく、
とにかく短期でウエストを細くしたいというのであれば、
メインを有酸素運動、または食事制限に置いた方が近道ではないでしょうか。
腹筋運動には、お腹周りの引き締め効果こそあれど、
体脂肪率を大幅に減らすはたらきは、絶対にありません。
自分の目的に合った方法を選んで、細いウエストと締まった腹筋を手に入れるべく
がんばってまいりましょう。


 以下余談です

今日、生まれて初めてウエストのサイズを測ってみました。
野郎のウエストなんてどうでもいいでしょうが、
興味があるという酔狂な方は、オス豚マッチョ化計画のトップページへどうぞ。
(今晩中にはアップする予定です。)

 クリックして腹筋強化期間中のブタを励ましてやってください
| ダイエットうんちく | 17:56 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 17:56 | - | - |
コメント
すごい、格段の差。つまめる部分が格段に減ってる。
今後の金ブタさんがますます楽しみです。

長期戦基礎代謝アップ覚悟、腹筋強化中です。
集中的なトレーニングは終わりましたが
まだまだ継続中でちょっと悲しくなるのが
まさに

>一方女性は皮下脂肪、特に腹部、臀部、太ももに
>付きやすいという特徴があります。

です。

減らす傍らから増やそうと体ががんばっているんですね。

肘から先、膝から先はそれなりに引き締まるのですが
本当…足首なんてなかなかいい感じに…。
足首は重視してないのです。
サイズで困る場面が少ないので。
先端細りでドラえもんみたいです。
| yappari44 | 2004/08/06 8:02 PM |
yさん、こんばんは。

しんどいですね、腹筋。
目標回数がちょっと多すぎたかな〜なんて思いつつも
なんとか続いています。

>先端細りでドラえもんみたいです。

実は私も同じような指摘を受けたことがあります。
昨年の暮れごろ、当時はまだダイエットが進んでいなかったのですが、
私の身体を見た友人からショッキングな言葉が。
「お前、ヒトデみたいな身体しとるな〜」
手足の先端は細いくせに、
四肢の付け根と胴はブックブクでしたからね…。
| 金ブタ | 2004/08/06 11:56 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tawake.jugem.cc/trackback/71
トラックバック
洋ナシ体型 リンゴ体型
洋ナシ体型 リンゴ体型についての情報です。
| メタボ 予防 | 2008/08/09 1:31 PM |