CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ダイエットやめようかな… | main | いかに安く蛋白質を摂るか >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
尊敬できないスポーツ選手
今日の数値
 体重:59.3kg 体脂肪率:19.8% 筋肉量:45.1kg 基礎代謝量:1351kcal/日

今日のトレーニングはお休み。

 ………………………………………………………………………………

早いもので2004年も残りあとわずかとなりました。

今年は突然の球界再編、オリンピックなど
なにかとスポーツの話題が絶えませんでしたね。
スポーツビジネスが、いかに我々にとって重要であるか
あらためて実感させられた年でした。

ま、前置きはさておき、
私はプロスポーツの中でも、特にプロ野球、立ち技系・組技系格闘技、
そして相撲を愛しておりますが、
それらで活躍するプロスポーツ選手の価値について、
今日はブタのボヤキを聞いてやってください。


皆さんは、どんなスポーツ選手が価値が高いと思われますか?
例えば野球選手ならどうでしょう。

・打率が高い選手
・ホームランが多い選手
・盗塁が多い選手
・三振を量産する投手
・防御率が3.00を下回る先発投手
・好リード、高盗塁阻止率を誇る捕手
・好守備を連発する野手
……

すべて“プロ野球選手の価値”として評価されそうな要素です。
しかしプロ野球選手の純粋な価値を考えるとき、
これらはどれもこれもまったく関係ありません。

第一にプロ野球選手の仕事って、いったいなんでしょう?

ヒットを打つこと?
三振を取ること??
チームの勝利に貢献すること???

……否。

プロ野球選手の仕事は、
 ・球場へたくさんのお客さんに足を運んでもらうこと
 ・テレビの放送権料を吊り上げること
 ・多数のスポンサーを引き込むこと

など、球団経営に直接の利益をもたらすことではないでしょうか。

“プロ野球もまた資本主義経済の一部”

2004年、我々は
このことをいやというほど実感させられたはず。

選手たちが躍起になって好成績、
ならびにチームの勝利を勝ち取ろうとするのは、
リーグ優勝や日本一が本来の目的ではありません

それはあくまで、好プレーやチームの勝利が
ファンやスポンサーからたくさんお金を貰うための、
一番わかりやすい方法だから
です。

…極端な話、打率や防御率、その他シーズンの成績なんて
プロ野球選手としての価値から考えると、どうでもいいことなんですよ。

とにかく人気さえあればそれで良し。

球団にお金さえもたらしてくれれば、
打率1割を割り込もうが、防御率が30を超えようが
まったく問題ナッシング。

( ´-`)oO○(とはいえ、年俸はやはり成績で決まってしまうことが多いので、
 1選手単位のミクロな範囲で考えてしまうと、やはり
 選手の価値はシーズン成績とチームの順位になってしまいますが……)

ちなみに、今年ことあるごとに話題にあがった
北海道日本ハムファイターズの新庄剛志選手。
彼の七光りが、札幌ドームに
アホほど客を呼び込んだことは周知の事実です。

彼が球団と結んでいる契約の内容は
2年契約で契約金4000万、年俸8000万プラス出来高5000万の総額3億。
そんなに目ん玉飛び出るほどの数字ではありません。

「集客力」というプロスポーツ選手としての本来の価値を考えると
これは明らかに過小評価です。

そこで、球団は誠意を見せました。
 驚額ボーナス!新庄に5000万円

 北の大地を沸かせたSHINJOが5000万円をゲットした。日本ハムの札幌移転元年を盛り上げた立役者・新庄剛志外野手(32)に対し、球団側が推定5000万円の「ファン開拓ボーナス査定」導入を検討していることが6日、分かった。グラウンド内外で地元ファン獲得への“規格外”の貢献を評価されたもの。入団時に設定されていた出来高項目にプラスする形で、札幌の「顔」となった新庄がビッグボーナスを手にする。

( ´-`)oO○(しかし、これでもまだ億単位で過小評価だと思いますけど……)

プロスポーツ選手の価値は、成績ではなく、人気で決まる

ホームラン王よりも、奪三振王よりも
人気がある選手の方が偉い。

これは資本主義経済の一員であるがゆえの鉄則です。


さてここで、ブタがこんなことをボヤく理由についても少々。

先日東京ドームで行われた
K-1 WORLD GP 2004 決勝戦

この大会で横行したアンフェアなジャッジについて
私も散々文句をたれました。
そしてその記事のコメント欄にて、私はこうも発言しました。
……ただ、武蔵選手のことを好きか嫌いかと聞かれると
私はキッパリとこう答えます。

『キライ!!』

キライです、武蔵選手。

キライな理由は簡単です。
客のニーズよりも、自らの勝利を優先するから

もちろんこのような意識は、大なり小なり
すべての選手に存在するとは思いますけど、
武蔵選手の場合は、なんぼなんでも度が過ぎる!!

判定狙ってます

かつて彼がこのような発言をしたことは
ご存知の方も多いでしょう。

…皆さんが、彼のこの発言をどのようにお感じになったかはわかりません。
しかしこの発言を期に、私は武蔵選手を応援するのをやめました。

そもそも、格闘技はKO決着というのが大前提で、
判定による決着は仕方無しの最後の手段のはず。

我々格闘技ファンの多くも、望んでいるのはKOです。

判定に持ち込むテクニックや、
判定を狙って勝つ選手など、お金と時間を割いてまで見たくありません。

そのことは選手自身もわかっているはずです。

にもかかわらず、自らの勝利のために
客のニーズと利益の無視を続ける、彼の格闘家としての姿勢。
プロスポーツ選手として失格だとは思いませんか?

K-1のジャッジが日本人選手に甘いことを理解している彼は、
その不公平なシステムに頼り、その上であぐらをかいています。

なぜみんな、そんな奴に声援を送るのでしょう?

先日の大会で実現した ガオグライ vs 武蔵、
…もしガオグライが日本人だったら、
皆さんいったいどちらを応援したでしょうね?

ボンヤスキーやホーストと対等に戦えるような
日本人のヘビー級選手がいないから、
消去法で、仕方なく武蔵を応援している…、
そんな方が非常に多いような気がします。


重複しますが、私が見たいのは
武蔵選手の勝利ではありません。
ましてや判定に持ち込むテクニックでもありません。

『殴り合いが強い奴が偉い』という、
日常生活には無い混沌が見たいんです。

プロスポーツ選手の仕事は、
試合に勝つことではなく、お客さんを喜ばせることでしょう?
ショービジネスに携わっていらっしゃるのなら、
いい加減それに気付くべきではないでしょうか。

武蔵選手が「なによりも勝利を優先する」という考え方を改め、
プロの格闘家として、
最低限の羞恥心と誇りに目覚めてくれることを切望します。


以上、にわか格闘技ファンのボヤキでした。

 クリックしてブタのダイエットとガオグライを応援してやってください
| 格闘技 | 17:18 | comments(2) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 17:18 | - | - |
コメント
こんちわー!
僕もまったく同感です。
僕と格闘か好きのツレがいつもぼやいているのは、武蔵の判定とホーストの判定は違う。ってよく言ってるんですが。
多少のホーストびいきもあるかとは思うんですが(僕の親父がホーストに似てるため)終始相手を巧みなコンビネーションで圧倒した判定勝ちはいつも対戦相手ががんばったなぁとおもうんですが、収支当てては避けの繰り返しで追い討ちのかけらもない判定勝ちでは試合後にでてくるのはためいきだけです。
僕は大のバンナファンでしてそれはKO率の高さ、あの大口(昔はあんな口きいてなかったんですが)と負けるときもあっさりKOで負けるところが好きなんですよ。
負けちゃったら残念ですが。
格闘技について話すとかなり長くなっちゃうんでこのへんにしときますねー。
これからもぼやかせてもらいます!
汚い文でごめんなさい。
| キューウェル | 2004/12/09 7:32 PM |
プロレスでも見とけw
| k | 2009/05/10 7:33 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tawake.jugem.cc/trackback/197
トラックバック
脂肪燃焼
K-1リアルサウナスーツで短時間で最強の脂肪燃焼!!
| K-1リアルサウナスーツ | 2007/07/23 11:36 PM |