CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< ミルコvsランデルマン | main | 尊敬できないスポーツ選手 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ダイエットやめようかな…
今日の数値
 体重:59.0kg 体脂肪率:19.9% 筋肉量:44.8kg 基礎代謝量:1343kcal/日

今日のトレーニングメニュー
 サイドレイズ(左右17.5kgずつ) 15 10 10 10 回
 スクワット(ウェイト0kg-30kg) 40-30 40-30 回
 腹筋(リバーストランクツイスト) 80 回
 シャドー(有酸素運動・試験的に導入) 約30分(予定)

 トレーニングの説明についてはこちらをご覧ください

 ………………………………………………………………………………

 ダイエットの憶測的見解

リンク先のページは、親サイトのサブページのひとつです。
……ド素人のくせに、偉そうに能書き垂れてますね、ブタは。

無酸素運動、有酸素運動、食事制限の3つが
ダイエットに寄与する効果について
私の憶測が語られているわけですが、
先日これらを読み返していて、ふと思ったことがあるんです。


とにかく早く体脂肪を減らしたい

この目的を達成させたいのであれば、
有酸素運動+食事制限(食事量を減らす)の組み合わせが良いでしょう。

基礎代謝量アップを見込める無酸素運動よりも、
体脂肪の燃焼と蓄積に直接はたらきかける
有酸素運動とカロリー制限に重点を置いた方が
はるかに効率よく体脂肪を削ぎ落とすことができます。


……では、こちらの目標の場合はどうでしょうか。

とにかく早く筋肉量を増やしたい

( ´-`)……。

 筋力トレーニング+食事制限(食事量を大幅に増やす)

ブタは専門家ではないのでよくわかりませんが、単純に
『良く運動してよく食べる』
これが正解だろうと思います。

食事の量を大幅に増やすこと、
これはもちろん「体脂肪の蓄積」という副作用を持ち合わせますが、
効率よく筋肉をつけるためには欠かせません。

それはボディービルダーの方の食生活でも裏づけされています。

ボディービルダーの皆さんは、シーズンオフ、
すなわち、大会までまだ時間的に余裕がある時期は
食事の量を増やし、身体を大きくすることに務めるのだとか。

つまり、筋肉の多いデブになってしまうリスクを背負ってでも
筋肉量の大幅増加のリターンを期待して、たくさん食べるわけです。

そして大会まで時が迫ると、一転して
我々の想像を絶するような減量に突入。
皮下脂肪を限界まで削ります。

彼らのムキムキボディーは
そんな過酷な生活の上に成り立っているそうです。


さて、ここからは私ブタの話。
……ちょっと考えあぐねていることがあるので、聞いてください。

ご存知の通り、私のダイエットは
痩身”という面から見れば、ある程度の結果を収めています。

でも、サイトの名前は“オス豚マッチョ化計画”。
オス豚ガリガリ化計画ではありません。

本来の趣旨から考えれば、ボディービルダーの皆さんと同じように、
体脂肪率増加のリスクを採ってでも、食事の量を大幅に増やして
積極的にムッキムキの身体を求めるべきでしょう。

しかし一方で、私は過去にこんなことを申し上げています。
 (ブタは)なぜ『マッチョ』を目指すのか

みなさんはK-1やプライドなど、格闘技に興味はありますか?
ボクシングなんかもテレビでチョクチョク放送してますね。

あたりまえのことですが、最前線で活躍されている格闘家で
無駄に脂肪をつけている選手は一人もいません。
特に軽量級の選手は、体脂肪のかけらもない方ばかりです。

でもあの方々は一体何のために
苦しいトレーニングに耐えているのでしょう?
やはりダイエットのためでしょうか。

……そんなわけありません。
強くなるためだけに、がんばってらっしゃるに決まってます。
無駄のない引き締まった身体はその副産物、
いわばオマケです。

そこで私は考えました。

目標をダイエットそのものに置くのではなく、
もう一段階、または二段階高いところを目指せば
本来の目的であるダイエットを、
その副産物として成功させられるのではないか……。

私が思いついた、ダイエットよりも困難な目標
それがムッキムキのマッチョです。

「俺の精神力はヘナチョコだから、
マッチョになる前に挫折して、肥満でもなくマッチョでもない
ちょうどいいところで止まるだろう。」

そんなナメきった発想で始めた私のダイエットですが、
これを書いている今現在の心境は、その時とは少し違います。

無酸素運動に対する考えでも触れていますが、
ダイエットを望む者にとって筋肉質な身体であることは
非常に大きなプラス要因です。

そしてなにより公開ダイエットを始めてしまった以上、
私は本気でマッチョを目指します!

……実現するかどうかは別ですけどね。

なんだかよくわからない文章で、
やや矛盾している点もありますが、それでも
『ダイエット、すなわち脂肪を落とすためにマッチョを目指すんだ』
というようなニュアンスはお感じいただけるかと思います。

建て前上は『マッチョになるついでにダイエットを成功させる』
みたいな事を口走っていますけど、
ダイエット開始当初の第一目標は
やっぱり脂肪を落とすことなんですよ。


もちろん『マッチョになれたらいいな〜』とは思っています。

しかし1年以上かけてゆっくり減らしてきた体脂肪率を無視してまで、
食事の量を増やし、積極的にマッチョを目指すべきかどうか……。

なかなか勇気が出ず、そこまで踏み込めません。
どうしたもんでしょう。

( ´-`)oO○(ま、それ以前に『食費をどうやって捻出するか』
 という金銭的な問題が横たわっていますが……)

 クリックしてブタのダイエットを応援してやってください
| ボヤキ | 17:01 | comments(5) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 17:01 | - | - |
コメント
こんにちは(^。^)
筋豚さんと、今の自分の状況がかなり
近いものがあるので共感しました(笑)
自分の場合は、トレを始めた頃、半年程かけて、
有酸素運動無しの筋トレオンリーでまず体重を増やし、
今年の春頃位から、ボチボチ絞り始め、現在まで
13キロほどの減量を行いました。
只、今の気持ちは、筋豚さんと似てると思うんです(^^ゞ
ダブダブのお腹、身体を、やっとお腹も割れるほどに
苦労して引き締めたのに、また太らして、またダイエット・・・
非常に、勇気がいると言うか考えてしまいますよね(笑)
只、筋肉を増やすと言う事は、脂肪も増やすと言う事
だと思いますし、痩せると言う事は筋肉も落とすと言う
結果になると思うので、簡単に考えれば、いかにダイエット
の際に、筋肉を出来るだけ落とさないか!って事が、
今後の事を考えると大事な気がします。
すみません、話がそれましたが、
自分が考えた限り、やはり絞りながらの筋肉アップは、
食事、運動量など全てにおいて緻密な計算通りに行わないと
難しそうです。不可能では無いと思いますが(汗)
なので、やはり多少の脂肪のリバウンドは覚悟して、
前に進むしかないかと!(笑)
また、筋豚さんの場合ですと、もし筋肉量アップを
目指されるのであれば、シャドーは、少し控えた方が
良い感じがします。
シャドーは、かなりダイエット時には効果的ですが、
約30分のシャドー運動は、多分、脂肪を燃焼後、
多少の筋肉も燃焼させてしまう気がします。
例えば、有酸素は一時期中断する、
またはシャドーの回数を、週、半分ほどに減らす、
または、時間短縮などから始めてはどうでしょうか?
それなら、食事量は今までと同じでも、
少し違いがあらわれて来るような気がします。

では、お互い勇気を出して、
一歩、前に踏み出しましょう〜(笑)
| き〜坊 | 2004/12/08 7:39 PM |
いつも拝見しています。
とっても参考にさせていただいております。
ところで、ふと疑問に思ったので質問させてください。

オス豚さんの体重は約60kg。
筋肉量は約45kg。
でも、人間の70%は水分って言いますよね?
ということは、オス豚さんの水分量は42kg。
筋肉45kg+水分42kg=97kg???
計算が合わないんですが、この筋肉量って一体どういう指標なんでしょうか?
| シロウトです | 2004/12/09 12:17 AM |
ど〜も。mikaです。
私のダイエットの師匠(男)は、有酸素運動はしてません。したとしても、トレードミルで5分程度ダッシュだけです。
筋肉質ですが、決してボディビルダーのようにでかくはありません。き〜坊さんご推奨のように、有酸素運動をウォームアップ程度にしてみたらどうでしょう?

食事は、「制限」というと、「減らす」のように聞こえるかもしれませんが、結局は「計画的」に食べるようにしているということです。

やるやらないは、事情がおありでしょうから別として、基本的に以下のような食事方法です。

1. 食事は3時間ごと。(おなかがぺこぺこになる前に食べる)
2. 一回の食事で、たんぱく質は20-30g、炭水化物は10g以下、脂肪分は、特に制限はないが抑えるに越したことはなし。
3. 運動は、食後1時間半ぐらいではじめ、運動後30分以内に食事(たんぱく質の補給)をする。
4. 週に2回、晩御飯に炭水化物中心の食事をしてスタミナ補給。(ご飯ばっかりとか)このときにたんぱく質は極力減らす。

差し出がましいようですみません。
| mika | 2004/12/09 8:50 AM |
悩みますよね。

私は逆にガリからマッチョを目指していましたが、トレをジムで週5(各1.5時間ぐらいで、1部位あたり週2ペース)とハードやりながら、食事回数を5回に増やし、増量を図って来ました。

かなりの筋肥大と約8kgの増量に成功し、見た目はかなりがっしりとしましたが、体脂肪率も11%から17%にまで上昇しました。

バルクアップしたい思いは変わりませんが、そろそろ体脂肪が気になりだしましたので、下記の様にすることにしました。

1)食事量は減らさない
2)ややオーバートレーニングなので、1部位週1にして日数も週3−4にする
3)その分、空いた日の朝起床後するに有酸素運動を取り入れる

起床後すぐに有酸素運動をすることにしたのは、血糖値が下がっており、脂肪燃焼には一番の好都合だからです。

ただ有酸素運動をすると少なからず筋肉の異化が進む可能性がある(特に起床後すぐの低血糖状態では)ので、有酸素運動前にはBCAAやブドウ糖の摂取が必要だと考えていますが、何かサプリメントを買うか、食べ物で代用するか迷っています。

今のところ起床後すぐに牛乳+バナナ半分を採ってから、20−40分ぐらい、MTBでバイク運動か、軽いジョギングを気分次第で始めました。
| たっきぃ | 2004/12/09 2:57 PM |
こんばんは。

>みなさん

さまざまなご意見、ありがとうございます。

ただ、き〜坊さんとたっきぃさんからいただいた
「有酸素運動は筋肉を萎縮させる可能性がある」
という情報についてですが、
今のところ私は有酸素運動を中止する予定はありません。

もともと、ブタのシャドーは
体脂肪を燃焼させるためだけにはじめたもの。
それは今も変わりませんし、
脂肪の削ぎ落としは、いまだ十分ではないとも思っています。

それにこの説は、まだまだ不確定なものでしょう?
Tarzan とか見ても
「筋肉が縮むから、有酸素運動はせん方がええ」
なんていう記述は載ってませんしね。

いつかは有酸素運動を中止する時がくると思いますけど
おそらくこの理由でやめることはないでしょう。

また、mikaさんにいただいた
「食事のとり方を細かく管理してはどうか」
というご意見についても、ブタには難しいです。

理由は“ストレス、ならびに労力との兼ね合い”。

現在、私が自らの体系を改善するためにおこなっていることは
 ・筋力トレーニング
 ・有酸素運動
 ・タンパク質を多めに摂取すること
これらの3つ、プラスこのblogとサイトの運営です。

……正直、もうイッパイイッパイなんですよ。

blogの文章を考えることを入れたら、
犠牲にする時間は、一日あたり2時間、3時間、あるいはそれ以上です。

これ以上負担を増やしてしまえば、
それらすべてをやめてしまいかねません。

現実的に考えると、私がさらにできることといえば
食事の量や回数を、ほんのちょっと増やすことだけなんですよ。
どうかご理解ください。


私が考えあぐねているのは、
『どうやったらマッチョになれるか』ではありません。

『今の状態から太って、その画像を皆様にさらすリスクを背負ってでも
 積極的にマッチョを目指すべきか否か』という点です。

2チャンネルに掲載されてしまってから大分経ちましたが、
いまだに「全然マッチョに近づいてないじゃないか」
という罵声が飛んできます。

それに答えるために、
リスクを背負って一歩前得踏み出したところで、その罵声が
「偉そうなこと言っているくせに、リバウンドしているじゃないか」
に変わるだけなんちゃうか……。
ひいては、アクセス数を減らしてまうんやないか……。

私はそれを心配しているんです。


>シロウトですさん

…まぁ筋肉にも水分は含まれていると思いますが、
ブタの考えを少々。

12月9日現在、私の体脂肪計の数値は以下の通りです。

 体重:59.3kg 体脂肪率:19.8% 筋肉量:45.1kg 推定骨量:2.5kg

体脂肪率を体脂肪量に変えると、
 59.3×0.198=11.7kg

筋肉量および推定骨量と足すと、総量は58.9kgです。
体重との差は、わずか0.4kg。

脂肪、筋肉、骨以外の体組織、
例えば眼球、皮膚、体液、毛髪、内臓、内臓内の老廃物、
その他さまざまなものが、わずか400gに収まるはずもありません。

ですから、体重以外の私が公表している数値は
あくまで目安とお考えください。

これらについての見解は
今まで何度も何度もこのblogでご紹介しましたので、
お探しいただければ
さらに詳しく説明したものも見つかると思いますよ。
| 筋ブタ | 2004/12/09 5:41 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tawake.jugem.cc/trackback/196
トラックバック
http://bizken.main.jp/training/
驚異のダイエット法とは?
| ダイエット筋肉トレーニング | 2008/04/24 3:06 PM |