CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
<< 魔法の減脂箱 ヘルシオ | main | 50kg台 未知の世界へ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
マッチョはすぐ死ぬ
今日の数値
 体重:60.0kg 体脂肪率:20.8% 筋肉量:45.0kg 基礎代謝量:1352kcal/日

今日のトレーニングメニュー
 サイドレイズ(左右17.5kgずつ) 10 12 10 10 10 回
 スクワット(ウェイト0kg-30kg) 30-30 30-30 40-25 回
 腹筋(クランチ) 100 100 100 回
 シャドー(有酸素運動・試験的に導入) 約30分(予定)

 トレーニングの説明についてはこちらをご覧ください

 ………………………………………………………………………………

 秘めた強い生命力 2歳男児生還

 新潟県中越地震発生から92時間ぶりの救出に、救急医学や小児科の専門医は「奇跡的だ」と口をそろえながらも、「子供は大人が考えている以上に強い」と説明する。
 救出された優太ちゃんは、車と岩とのわずかなすき間に入っていた。兵庫県立西宮病院の鵜飼卓名誉院長(救急医学)は「2歳児は体が小さく、それが幸いした。土砂崩れの際に大量の出血を伴う大けがをしていなかったことが、助かった大きな要因だろう」とみている。

 ◇適度な気温

 新潟地方気象台によると、親子が行方不明になった23日から27日の5日間の長岡市での最低気温は8度。寒気団が入り込み、11月上旬並みの冷え込みとなった。
 清野佳紀・大阪厚生年金病院長(小児科学)は「土砂をかぶったため、風が直接当たらず、寒さが緩和されたのではないか」と推測する。
 逆に、気温が高くなかったことも幸いした。
 成人は体内の水分量が60〜70%なのに対し、2歳だと85%程度もあり、脱水症状を起こしやすい。気温が25度以上あると脱水が激しくなる。清野病院長は「夏で気温が高ければ、脱水により生存は難しかっただろう。冬に向かう時期だったことも幸いした」と話す。
 国立病院機構災害医療センターの辺見弘院長(救急外科)も「生き残る条件は、水、空気の存在と圧迫がないことの3点だ。気温がある程度低かったことで、(エネルギーを消費する)体の代謝も抑えられた」と説明する。

 ◇絶望しない?

 99年8月のトルコ地震では150時間以上生き埋めになりながら、3歳と5歳の男児が救出された。久保実・石川県立中央病院医長(小児内科)は「大人は体力はあっても身動きのとれない状況では、精神的に追い込まれやすい。しかし、幼児は周囲の状況に対する認識力が発達していないため、絶望することがない。子供の方が生き残る可能性が高いのではないか」と指摘する。【山本建、足立旬子】

昨日の夕方から報道番組はこのニュースで持ちきり。

ま、そりゃそうでしょう、
ガキンチョが丸4日を土の中で生き抜いたんですから。
2歳児の生命力が、日本中の注目と感動を呼びました。

しかし、このニュースを見ていてふと思ったんです。
ムッキムキのマッチョの生命力は、
ダルンダルンのブタのそれに、はたして勝てるのだろうか?


……はっきりとしたことはわかりませんけど、
おそらくマッチョは勝てないと思います。


我々人間の歴史はかつて、飢餓の連続でした。

祖先はその知識と経験から
狩、あるいは農耕など、それぞれの土地に適した方法で、
効率的な食の確保を確立していったのです。

しかし、それらが完璧であるはずもなく、
時に自然災害の前に命を散らしていきました。

そのためヒトの身体は進化によって、飢餓に備え身体に脂肪を溜め込み、
エネルギーを備蓄する仕組みを身に着けていったのでしょう。
すなわち、我々多くの現代人が忌み嫌う肥満という存在は、
いわば飢餓を生き抜くための進化の極みであり、大変優れた個体であるといえます。

…ところが私が目指している「マッチョ」は、
その進化した能力を、自らかなぐり捨てている存在です。

飢餓に備えて身体に溜め込んでいる脂肪の量はほんのちょっと。
それどころか、体組織の大半を占める筋肉が、
自らを維持するために、わずかに備蓄された脂肪を
短時間で食いつぶしてしまいます。

“飢餓の極限状態において、身体は筋肉をもエネルギーに変える”
そんなこともチョコチョコ耳にしますけど、その生命維持も
脂肪の蓄えに比べたら、おそらく気休め程度のものでしょう。

つまり、普段の生活で役に立たない無駄な筋肉を抱え込んでいるマッチョは、
飢餓という状況下において非常に弱く、不利で特異な個体なのです。

マッチョになろうとすること
第一感、力強く変身するというイメージがありますが、
実のところは、さまざまな自然環境の変化をサバイブすることとは
逆行する行為なのではないでしょうか。


今回の親子生き埋め事故をご覧になって、
「もし自分がその状況に陥ったら…」という不安を覚えた皆さん、
ここはひとつ引き締まった体を目指すのはやめて、心機一転
筋肉が少なく、ぶ厚い脂肪で覆われた身体を目指してみてはいかがでしょうか。

ただし、その場合は飢餓には強いものの、
生活習慣病にはすごく弱い身体になりますけど…。

( ´-`)oO○(にしてもガキはすげ〜な〜……)


 ……………………………………以下余談……………………………………


どうしても我慢できないので、ちょっとここで愚痴を。
「自分探しの旅」人質・香田さん、理解に苦しむの声も

 「自分探しの旅に出たい」。イラクで武装組織に拘束された福岡県の香田証生(しょうせい)さん(24)は、友人にそう言って旅立った。治安が悪化し、再三、退避勧告が出されているイラク。救出に向けた取り組みが進む一方で、政府や現地に詳しい人たちからは、その行動は「理解に苦しむ」との声が上がった。

 香田さんのイラク入りは21日、ヨルダン・アンマンのホテルから外務省に情報が寄せられた。在イラク大使館は退避勧告を連絡しようと、香田さんの父親に電話し、イラクからの退避を伝えるよう求めた。

 町村外相も27日、解放に向けて全力を尽くす考えを強調したうえで、「なぜそういう旅行をしたのか理解に苦しむ」とコメントした。

 今年5月、バグダッド近郊で車が銃撃されて死亡した橋田信介さん(当時61歳)とも親しかった宮嶋さんは「自衛隊以外の取材は全くできなかった。イラクはとても旅感覚で行くところではない」と疑問を投げかけている。

 ◆「ご迷惑かけ申し訳ない」と両親◆

 香田さんの父、真澄さん(54)と母、節子さん(50)は27日、「イラクに入国しているとは夢にも考えていなかった。多くの方々にご迷惑をかけ、申し訳ない」というコメントを発表。同県直方市の自宅で取材に応じ、「イラクを見て、自分の将来を考えようとしていたのではないか。何とか解放してもらいたい」と語った。

……もうねぇ、腹が立つとかそういう次元をとうに飛び越えて
呆れの境地ですよ、ホンマに。


以前に女性1人を含む日本人3人がイラクで拘束されたときのことを
みなさん憶えていらっしゃいますでしょうか?

あの3人は、
「困っているイラクの人たちをなんとか助けたい」
「現地の子どもたちの力になりたい」
という志を持った方々でした。

拘束されてしまった彼らに対して、
自己責任”という言葉が浴びせられたことは
記憶に新しいと思います。

…当時、私はそういった世論ほどは
彼らに対して責任追及するべきだとは考えていませんでしたけど、
ただ、それでも違和感はぬぐいきれません。

私の周囲の年配の方の中にも、
もちろん自己責任という考えはあったようですが、一方で
「人助けのために、自らの危険をかえりみず行動できる勇気は立派」
という意見があったのは少し驚きました。

……( ´-`)、
イラク人を助けるために命を危険にさらすことが、
本当に立派なのでしょうか?

それまで自分を支えてくれた両親、兄弟、友人のリスクよりも、
赤の他人であるイラク人の利益を優先する行為がリッパ

アホなこと言うとんな!
イラクに行きたくても自制するほうがリッパやろが。


そして今回の香田証生の拘束。
イラクへの旅の目的は「自分探し」ですって。

……ええ加減にせぇよ、ドアホ!
他人にドエライ迷惑までかけて自分探すなや!!
日本でも探せるやろが!! そんなもん。

「また日本に帰りたい…」

んなら最初っから日本に居れ!
家でじっとしとかんか、ボケ!!
どの面下げて帰ってこようとしてんねん!!

勝手に行っといて、案の定捕まって「助けて〜」やて。
お前のケツ拭くために、こちとら税金払っとんのとちゃうわ!


当の本人は、自分の軽はずみな行動のせいで
日本国民がどれだけの損失を被っているのか
本当に理解しているのでしょうか。

官僚をはじめ、救助に携わる公務員の給料。
そして救出活動にかかるもろもろの費用。
さらには株価への悪影響にまで広げていったら、
その負の経済効果は、9桁ではとても収まらないでしょう。

数十億か、数百億か…、
その辺の細かい数字はわかりませんが、
莫大であることだけは確かです。

それらすべての経費、損害額を新潟地震の被災者にまわすことができれば、
どれだけの人が救われることだろう、
そんな風に思うのは私だけなんですかね……。

 クリックしてブタのダイエットを応援してやってください
| ボヤキ | 17:09 | comments(4) | trackbacks(5) |
スポンサーサイト
| - | 17:09 | - | - |
コメント
初めまして、結構前からお邪魔してます!
自分も筋トレまして、密かに毎日このサイトを見るのが楽しみとなってます(笑

で今日の日記、これはもう本当にこのまま同じ事を俺も考えました。
どの面下げて日本に帰りたいとか言うとるんでしょうね〜
俺としては放置に一票(ぁ

ではまたお邪魔させてもらいます!
(*'-')ノシ
| 耀 | 2004/10/29 3:56 AM |
イラクの件、全く同感です。
本当にふざけるなって感じですね。
前回もそうですが、自衛隊派遣に反対する日本人が、
現地のテロ集団と結託して、何とか撤退させようとする
作戦なのではないかと思ってしまいます。
まあ、どうあれこんな奴らに我々の貴重な税金を
使って欲しくはないですね。
| たかぞう | 2004/10/29 8:10 AM |
身長166cm/体重66kg/体脂肪率17%の似たような
体型もつものです。
わしも4月時点で86kg/体脂肪率33%ありましたが
なんとかやせました。

で、マッチョはすぐ死ぬ ということで
今年の冬は寒いです。はい ものすごく寒さが身にしみ
ます。やはり体脂肪は寒さを和らげるんですかねぇ。

どうですか?
| おはし | 2004/10/30 11:59 PM |
こん○○は。

>耀さん、たかぞうさん

賛同していただき光栄です。
「おいコラ香田証生!金返せ!!」……と言いたいところですけど、
亡くなってしまってはどんな奴でも仏といいますし、
残された家族にそこまで強いるのは酷というもの。
あきらめることとしましょう。

ご冥福をお祈り申し上げます。


>おはしさん

>やはり体脂肪は寒さを和らげるんですかねぇ。

そりゃそうでしょう(゚ー゚)。
真冬にTシャツでウロウロしているのはデブタレントぐらいですよ。
ま、あれはキャラづくりの一環でしょうけどね。

自然界の動物たちも、秋冬は皮膚の下に脂肪を身にまとうものが多いですし。
天然の防寒着と考えてええんちゃいますか?
| 筋ブタ | 2004/10/31 12:24 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://tawake.jugem.cc/trackback/154
トラックバック
生活活動代謝量とDIT量
生活活動代謝量とDIT量についての情報。
| 基礎代謝 | 2008/04/09 12:19 AM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/07/15 8:36 PM |
【過 激!!】吉 高由 里 子 映 画『蛇にピアス』初主演でヌ ード S E X。先 行 公 開
映 画「蛇にピアス」で主人公を務める吉 高由 里子。 内容はサディストな彼によって肉体改造してくというもの。 「スプリットタン」「ピアス」「刺青」「激しい肉体関係」といった表現が象徴的に使われるため、もちろん本格ヌ- ドも。 映画の映像を一部公開します! 過
| 【過 激!!】吉 高由 里 子 映 画『蛇にピアス』初主演でヌ ード S E X。先 行 公 開 | 2008/07/20 1:45 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/07/31 2:01 PM |
-
管理者の承認待ちトラックバックです。
| - | 2008/08/24 6:47 PM |