CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
SPONSORED LINKS
ARCHIVES
CATEGORIES
MOBILE
qrcode
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
疲労度とは関係ナッシング
今日の数値
 体重:59.3kg 体脂肪率:20.6% 筋肉量:44.6kg 基礎代謝量:1339kcal/日

今日のトレーニングはお休み。

 ………………………………………………………………………………

年末年始のあわただしい時期は終わっているはずなのに、
ブタの労働環境はまったく改善されず。
安い時給で、昼夜問わず働かされる日々が続いています。

かなり前に、パーマ屋に置いてあった漫画か何かで
「労働時間と労働量は同じでも、夜の仕事は昼の2倍疲れる」
という一説を目にしましたけど、ホンマにそうですね。

午前7時からバイト開始とかならともかく、
午前4時開始の18時間労働とかは、本当にもう勘弁して欲しい( ´-`)。

しかも毎日同じ生活リズムならまだしも、
不定期で出勤時刻や拘束時間がころころ変わる始末。
もう身体がどうかなりそうです。

ま、今は我慢の子でふんばるしかありませんね…。


さて、プロフィールのページでもチョロっと触れている通り、
将棋好きの私は、度々このblogでもその話を持ち出しますが
今日もそのボヤキを少々。

連日、バイト先でトラックに荷物を積んだり下ろしたりを繰り返していて
羽生善治王位王座の名言が、ふと頭をよぎりました。

 将棋で強くなるには、将棋を練習するしかない

……羽生さんが確かこんなことをいっていたと思うんですけど
ボンヤリとしか憶えていないので、
もしかしたら間違っているかもしれません。
間違ってたらすんません。( ´-`)ゞ

この言葉の背景には、羽生さん自身のこんな発言があります。
人生の様々な要素が将棋にプラスになるとは考えていません
生活のしがらみで弱くなるのは、もともと実力がない証拠だと思う。
苦労したから将棋が強くなるとも思わない
苦労なんかしなくても成功できる。
挫折なんか、無理にする必要はない。
前例に縛られるな。常識から自由になあれ。

将棋に限らず、日本人の伝統的な考え方に、
「苦労が多い人は、少ない人よりも上手(うわて)」
「苦労が多いほど、人としての価値が高い」
のような美徳がありますけど、それはあくまで精神論であり
必ずしもそうではないということを羽生さんはおっしゃりたいのでしょう。(多分)

確かに、苦労が多い人は少ない人よりも
人間としては魅力的ですし、
“根性”の面から見れば、超長期的には成長が見込めると思います。

しかしながら、では戦時中に飢えで苦しんだ棋士は
そうでない棋士よりも将棋が強いか?…と聞かれると
それは違います。

それまで重ねてきた苦労の量と、将棋の強さはまったくの別物。
将棋の強さは、研究の質と量で決まるものであり、
人生の浮き沈みとは全然関係がありません。

「貧困で苦しんだ経験のある並の将棋指しよりも、
 アホほど将棋を練習した、温室育ちのボッチャン将棋指しの方が強い」
そういうことです。


……なぜバイト中にこんなことが頭に浮かんだかというと、
同じようなことが筋トレにも当てはまるんちゃうかな〜
と思ったから。

というのも、ここ数週間
ブタは長時間の肉体労働にさらされていますが、
筋肉が増えるどころか、脂肪の量さえほとんど変化していません。

夏場にのらりくらりと筋トレ・有酸素運動をしていたときに比べ、
苦労だとか、疲労度は数倍になっています。

それゆえ
『これだけヘロヘロになるまで身体使ってんねんから、
 ちょっとはムキムキに近づいてもええんちゃうの?』
と、思わずもらしたりもするんですけど、
現実、筋肉にはほとんどプラスに現れていないんですよ。

…ま、しかしそれはあたりまえですね。

疲労度高=マッチョ が当てはまるとしたら、長時間働いている人は、
職業に関わらず、みなムキムキということになります。

んなわきゃ〜ない。

中学生など、成長期まっただなかの奴ならともかく、
成人の場合、筋肉が肥大するか否かは
労働による運動量とか疲労度とか、そういうものにはほとんど関係ありません。

 マッチョになるには、質のよい筋力トレーニングをするしかない

いくら身体を肉体労働にさらしたところで、
筋肉量維持・体脂肪率減少の助けになりこそすれ、
筋トレほどの筋肥大効果は得られないことが常です。

( ´-`)oO○(もちろんその労働の質にもよるでしょうけど……)


1日に十数時間働く人よりも、
1日に2時間筋トレをして、プロテインをガブ飲みする無職の人のほうが
早くマッチョになれるのでしょうね、きっと。

なんか理不尽やな〜…

 クリックしてブタのダイエットを応援してやってください
| ボヤキ | 17:01 | comments(4) | trackbacks(9) |
究極のダイエット特効薬
今日の数値
 体重:60.4kg 体脂肪率:20.8% 筋肉量:45.3kg 基礎代謝量:1361kcal/日

今日のトレーニングメニュー
 ダンベルベンチプレス(左右12.5kgずつ・試験的に導入) 10 10 10 8 8 回
 ワンハンドロウ右(27.5kg) 5 14 10 8 8 7 回
 ワンハンドロウ左(27.5kg) 14 10 10 8 8 8 6 4 回
 腹筋(レッグレイズ) 100 100 40 回
 シャドー(有酸素運動・試験的に導入) 約60分

 トレーニングの説明についてはこちらをご覧ください

 ………………………………………………………………………………

『考えても無駄』なので
このテーマにはあまり触れたくないんですけど、
今日は「ダイエットと精神論」について
久々にボヤイてみたいと思います。


“なにはなくともコレさえあれば、ダイエットは必ず成功する”
そんな夢のような特効薬の存在を、みなさんはご存知でしょうか?

……そう、その特効薬とはズバリ、精神力です。

・計画した運動メニューを、なにがあってもやり通す精神力
・むやみな食欲に屈することなく、管理された食事を徹底する精神力
・目標達成後も慢心せず、体型維持を怠らない精神力
・……
・…

精神力さえ持っていれば、中途半端な知識など必要なし。
運動、食事制限、その他、ダイエット方法に関係なく
目標の体型を手に入れることは容易です。


しかし、我々はそのダイエット特効薬を
使用できないと思います。

理由は簡単、
ここにいる奴は、私を含め全員、精神力が弱いから。


そもそも、もし強い精神力を持ち合わせているとしたら、
その精神力を以ってして、はじめから細い体型を維持するだけの
運動や食事を貫徹できるはずですから、太るはずがありません。

『ダイエットをしよう』と思う時点で
その人の精神力は乏しいと考えるほうが自然です。

もし仮に、精神力に長けた人が
なにかのきっかけでダイエットを試みることになったとしても、
その人には“精神力がある”のですから、
あまたのダイエット情報に頼ることなく
もともとの自分の力だけで体型を改善できます。

こんな粗雑なダイエットblogを覗かずとも、
すんなりとダイエットを成功させることでしょう。

ですから「精神力こそが、唯一無二のダイエット薬」と理解したとしても、
この文章に目を通しているダイエッターのみなさんは
それを手に入れることができない可能性大。

「ダイエットを成功させるために必要なものは、強い意志だ」
という考え方が正論でありながらも、机上の空論で終わることが多いのは
そのあたりが関係しているからだと思います。


それゆえ、私たちは自らの脆弱な精神力の埋め合わせをするために、
日々、さまざまな悪戦苦闘を強いられます。

いろんなダイエット情報をかき集めたり、
『長続きさせるためにがんばるのをやめよう』と言ってみたり、
その他あれやこれや能書きをたれてみたり……。

中には、精神力の無さを転嫁しきれず、
バカ高いダイエットグッズや
うさんくさいダイエット食品に手を出して、
企業のカモにされる人も少なくありません。


“精神力”は、ダイエットを試みる者にとって
手に入らない、憧れの減肥薬。

…しかしながら、
「強い意志を身につけることは絶対に無理か?」と聞かれると、
それは違うと思います。

精神力はあくまで内面的なもの。

顔の形や肌の色のように、先天的・物理的なものではないですから、
訓練で身につけることができる要素です、……理論上は。

とはいえ、強い精神力を手に入れることは、
付け焼刃の訓練や意識改革でどうにかなるものではないでしょう。

 ・弱い意志の力でも続けられるぐらいのレベルにまで負荷を落とす
 ・ヤル気が出ないときは、ちょっとだけにする
 ・定期的に初心に帰ることを意識する

ま、この程度でしょうね。
無理して続かんかったら、元も子もないし。


「強い意志を持つ方法を模索すること」が、
ダイエットという分野においては“無駄”に終わることが多い以上、やはり
「自分の脆弱な意志の力を、いかにして高い位置で維持するか」
を考えた方が、幾分現実的ではないでしょうか。


 ……………………………………以下余談……………………………………


今回、考えても“無駄”な
ダイエットと精神論について触れたのは、
原点回帰という点で、少し思うところがあったためです。


友人とサッカーやったり、あるいは将棋指したりと
ブタにはいくつかのストレス解消法があるんですけど、
その中のひとつに“ひとりキャンプ”があります。

…別にたいしたことはしません。

マウンテンバイクの荷台に、テントや寝袋などを積んで外出、
家から少し離れたところにある大きな公園の芝生などで一晩を過ごす、
たったそれだけ。


数年前、ブタは岐阜県の大垣というところで、
ホームレスをやっていました。

JR大垣駅前にあるヤナゲンというショッピングセンター近くの
小さな川沿いにあるベンチが寝床です。

物陰からは、他のホームレスさんたちの尿のニオイがプ〜ンと漂い、
夜になると無数の巨大ゴキブリが地面を這い回るひどい環境。

ふと目線を上にやると、
隣のビルの学習塾から明るい光が漏れています。
そこに出入りするガキンチョたちを見ては、
『こいつらが大人になったら、ようさん金かせぎよんねやろな…』
と、悔しい思いをしたものです。

風にさらされ寒さに震え、行く場所も無く、
屋根のない場所で寝ることの、なんと心細いことか…。
今でも忘れられません。


年に1回か2回、ショックな出来事があったり、
気分がものすご〜く沈んでいるとき、
当時のことを思い出して、公園などでテントを張ります。

1月20日の大寒の日、
久々に近所の大高緑地公園の芝生の上で寝ました。

屋外で横になると、
『今もシンドイけど、あん時よりは全然マシや』って思えるので、
ちょっとだけ元気出るんです。


よかったら皆さんも試してみてください。
世の中に対する考え方が少し変わるかもしれませんよ。

( ´-`)oO○(って、
 これやったからってダイエットが成功するとは思えんけど……)

 クリックしてブタのダイエットを応援してやってください
| ボヤキ | 09:50 | comments(5) | trackbacks(12) |
あ”〜、愛無体ヤード
今日の数値
 体重:60.1kg 体脂肪率:19.7% 筋肉量:45.8kg 基礎代謝量:1371kcal/日

今日のトレーニングはお休み。

 ………………………………………………………………………………

( ´д`)……疲労困憊、もうダメポ。
……、寝ます。

 ………………………………………………………………………………

ここ数日、毎朝午前3時半ごろに起床、
尿を済ませた後、体脂肪計の数値を計測
という寝覚めのスケジュールが続いているのですが、
最近の体脂肪計の数値を見ていて気になることがあります。

体脂肪率の振幅の揺らぎが大きい

ブタは朝と晩、一日平均2回数値を計測しているんですけど、
夏に比べて日毎の数値の移動幅が大きいような気がするんです。

( ´-`)oO○(なんとなくそんな気がするだけなので
 もしかしたら勘違いかもしれません……)

今日なんかは、それが特に顕著です。

1月16日の数値は
体重:59.9kg 体脂肪率:20.1% 筋肉量:45.4kg 基礎代謝量:1361kcal/日
そしてこの文章を考えている本日、1月17日の数値は
体重:59.1kg 体脂肪率:21.0% 筋肉量:44.3kg 基礎代謝量:1329kcal/日

それぞれの増減は以下の通り
体重:-0.8kg 体脂肪率:+0.9% 筋肉量:-0.9kg 基礎代謝量:-33kcal/日

……( ´-`)ん〜? なんじゃこりゃ??
と、困惑するばかり。
この不自然な増減の原因は、いったい何でしょう。


右下にある検索に“体脂肪計”と入れて
調べていただければお分かりいただけると思いますが、
体脂肪計の数値の不思議については
過去このblogで何度も取り上げてきました。

体脂肪率の疑問点に至っては、もうええ言うほど。

最近、ブタの数値が不自然に信服する原因、
私自身が思うに、おそらく汗の量ではないかと思うんです。

体脂肪計による体脂肪率計測の誤差の
主たる原因・法則は下の2つ。

‖了號歎廚侶彗による体脂肪率は、実際の体脂肪率に関係なく
 体重に比例する傾向がある
体脂肪計の計測による体脂肪率は、実際の体脂肪率に関係なく
 汗の量に反比例する傾向がある

1月16日・17日の間に、私の体重は0.8kg減っています。

( ´-`)oO○(これは体脂肪計ではなく、私の体調による誤差です、多分……)

体重が減っているということは、,遼‖Г謀てはめると
体脂肪計についても多少なりとも減っていないとおかしいんですよ。

となると、考えられるのは△砲茲詈儔宗

……そういえば、16日の就寝時はあまりにも疲れすぎていて、
風呂から出た後ついつい素っ裸のまま眠ってしまいました。

目覚まし時計がなったときは身体が冷えきっていて、
震えながら体脂肪計に乗ったのを憶えています。

十中八九これが原因ちゃうかな〜…。


よくよく考えてみると、私の場合
身体で感じる気温の変化は、夏よりも冬の方が多く、
その変化の量も大きい気がします。

というのも、夏場、ブタは一切エアコンを使用しないので
数値を計測するときの状況は、毎回ほぼ一定。

しかし冬場のブタは、Tシャツ・トランクスでそのまま寝てしまったり、
あるいはコタツで汗だくになって寝たりと、
起床直後の計測時のコンディションにやや開きがあります。

正しい数値を計測したいのであれば、
このあたりを改善する必要がありそうですね。


……関係ないですけど、
暖房器具はエアコンなどよりも、コタツがおすすめですよ。

理由は、光熱費がバカ安いから(゚ー゚)。

 クリックしてブタのダイエットを応援してやってください
| ボヤキ | 22:34 | comments(2) | trackbacks(0) |
| 1/24PAGES | >>